『1人でできる算数と工作 長さのたし算とカラフルな木』

TIMSS という国際調査でも、日本の子どもたちは算数や理科を学ぶ意義を感じていない場合が多いことがわかっていて、中学生ごろから理数嫌いになる傾向があるようです。

確かに、時々仕事で行くオーストラリアの算数の教科書と見比べると、日本の教科書の内容は現実と繋がりにくそうにも見えます。

 

理系の大学生となった息子たちとも、教室の子どもたちとも、さまざまな物語の中で算数を学んできました。

工作や実験と算数を結びつけてあげると、体験した内容をいつまでも覚えてくれていて、どんどん応用までしてしまうのですから本当に驚きます。

 

f:id:sansu_sugau:20200217171900j:image

 

今回は、簡単にできる「カラフルな木」を作りながら

・長さのたし算

・計算の工夫

・2桁×1桁(ワークシートの内容に入る予定です)

の概念を学び、楽しく工作をしていきます。

※ワークシートは現在制作中

 

『カラフルな木を作ろう』を進める前に準備するもの は、折り紙4枚、セロハンテープ、はさみ、定規です。

 

そしてまずは、

①折り紙の1辺の長さをはかる

②4枚つないだら何センチメートルになるか計算する

※2桁×1桁のかけ算を学習していなくても、子どもたちからはさまざまな方法が飛び出してきます!

③計算結果通りの長さになったか測ってみる

→長さはたし算ができることを実感します

をやってみてください。

 

準備ができたらさっそく作っていきましょう!

 

『カラフルな木をつくろう』with まるちゃん
https://youtu.be/MdfNyievB7o

 

すでにたくさんの保育園生、幼稚園生、小学生が作ってくれていて、工夫もたくさん!

感想などぜひお寄せくださいね。

オーストラリアの小学1年生も作ってくれました。

 

f:id:sansu_sugau:20200217172006j:image

 

 

※ご家庭以外でコンテンツをご利用の場合は、お問合せ頂きますようお願いいたします。

(算数・数学塾  sansu.sugaku @gmail.com

   @を半角に替えて下さい

 

『小学校算数 橋を工作して平行の意味を学ぼう』

小学校で学ぶ平行は、テスト問題を解く以外に学ぶ意義を見つけ出しにくいものと感じます。

TIMSSという国際調査でも、日本の子どもたちは「算数を学ぶ意義」を感じにくい状況にあることが分かっています。

平行の単元に限らずです。

 

一方で、現実世界では平行は大きな意味を持ってきます。

家の本棚の棚板が平行でなかったらどうでしょう?

本が低い方に倒れていくかもしれません。

地球では重力が働くので、地面、水面に平行であることはとても重要なのですよね。

 

教室の一年生の子どもたちは、もちろんまだ平行は習っていませんが、工作を通して平行の作り方や意味を感じてもらいました。

この体験が、数年後に平行を学習する時のモチベーションに繋がることでしょう。

 

教室の子どもたちはというと、今日もまた無人島の世界にいます。

ワニがいる危険な川と、危険な森を渡らなくてはいけません。

 

まずは平行とは何かを説明します。

そして、

「この危険な川に橋をかけてみよう!  ただし、渡る道が川面に平行になるようにしてね。無人島に大雨が降ったら、低いところに水が溜まって大変なことになるからね。」

と私が言い終わらないうちに、子どもたちは橋が作りたくて作りたくて、すぐに工作用紙を切り始めます。

床板(歩く部分)を作り、橋脚をつけていきます。

「橋の脚は歩くところに直角になるように取り付けてね。」

と声をかけます。

「できた〜!」

と子どもたち。

 

f:id:sansu_sugau:20200208213645j:image

 

でも、あれれ?

なんだかたわんでいたり、真ん中が高かったり。

「これでは大雨が降ったらお水が溜まったり流れたりで大変なことになるね。横から観察してごらん。橋の脚の長さはどうだろう?」

子どもたちはじっくり観察して、すぐに作り直します。

長い脚をジョキっと。

確かにそれなら速く直せそうね…

「直角に取り付けた脚の長さが橋の高さだよね。川面に平行にするには高さはどこもでないといけないよね。」

 

子どもたちは橋を手直ししたり、欄干をつけたりと、お迎えが来るまで大忙し。

でも無人島には無事に橋がかかりました!

お迎えに来たお母さんたちに、作った橋の説明をする子どもたちでした。

 

算数・数学塾

https://sansusugaku.wixsite.com/home/about

 

 

 

 

 

『小学校算数 円すいの実験と美しい森の工作』

算数・数学塾の1、2年クラスと、3、4年クラスでは、円すいの実験をして、幻想的な円すいの森を作りました。

 

小学校では円すいは学びませんが、小学生のうちに、楽しい体験と共に中学以降の学びの土台を作っておけるといいですよね。

円すいは、展開図から作る立体が想像しにくい図形のようです。

展開図から円すいが出来ることが分かっても、側面の円の中心角と出来上がる円すいの頂角の関係はピンと来なかったりするのです。

それなら実験しなくては!

 

f:id:sansu_sugau:20200126221303j:image

 

「森を作るよ!」と説明していた子どもたちに、実験もすることを告げると大喜び。

三角すいと、側面の展開図をみんなで見比べながら、

「三角すいのてっぺんになるのはどこだと思う?」

と聞いてみます。

「うーん、丸めたらここが尖るからここかな?」

と円の中心を指す子どもたち。

「どうかな?」

軽く円すいを形作ってみて確かめます。

「当たりだね!」

 

では実験開始です。

中心角が違う側面の展開図を見せます。

まずは中心角が180度のものを組み立てます。

「もっとここの(中心角の)角度が小さいもので作ったらどうだろう?」

と中心角が90度のものを見せながら聞くと、

「背が低くなる?」

などいろんな予想が出てきました。

「実験だ〜」

と子どもたち。

早速組み立ててみますが、今回は、側面の中心角と、出来上がる三角すいの頂角との関係を強調して確認したいので底面は省略します。

「わぁ、尖ったねぇ。」

とみんなで出来上がった三角すいを観察します。

「じゃあもっと角度が小さいもので作ってみよう!」

と中心角が45度の展開図をみせます。

「もっと、とんがるのかなぁ?」

と興味津々の子どもたち。

作ってみると…

「うわぁ、ほそい!  これじゃ森に立たせにくいよ!」

と苦情が(笑)。

 

実験結果を確認した後は、それぞれ好きな頂角の円すいを作っていきます。

たくさんの木々が完成しました。

最後に、中心にキャンドルを置いて灯りを消すと…

 

f:id:sansu_sugau:20200126222901j:image

 

美しい森の影が浮かび上がりました。

 

算数・数学塾

https://sansusugaku.wixsite.com/home/about

 

 

 

『インタビュー記事:生き生きと好きなことに打ち込む大学生~子育てと受験の先にあるもの~』

明日はいよいよ大学入試センター試験(結局今年はセンター試験のまま)です。

頑張ってきた受験生が、十分にそれぞれの力を発揮できることを願っています。

そしてこの時期は中学受験、高校受験などもあり、喜んだり、がっかりしたり、

ご家庭の中でも様々な想いがあると思います。

私の周りには、受験で燃え尽きず、大学受験後も生き生きと夢に向かう大学生や、

卒業生が多いのですが、受験も含めて皆が皆これまで順風満帆だったというわけでは

ないようです。

今回は、「算数・数学塾」の子どもたちの学びの様子ではなくインタビューした

内容をご紹介いたします。

大学でアメリカンフットボール部の主将を務め、現在は大学院で研究を続けている

学生さんのお母様へのインタビューです。

 

 

ーーインタビュー記事--

f:id:sansu_sugau:20200117115242j:plain

*写真はイメージで本文とは関係ありません(カリフォルニア大学バークレー校)

 

「大学生になっても燃え尽きず、好きなことに打ち込む子どもをどう育てたのか」

 お子さんが保育園、幼稚園、小学生のうちは、なかなか大学生になった我が子の姿は

想像できないと思います。ですが親であれば誰しも、大学生になっても生き生きと

学び、好きなことに打ち込むわが子の姿を望むのではないでしょうか。今回は、

大学生になっても燃え尽きずに活躍する息子さんを育てたお母様にインタビュー

させて頂きました。

 

息子さんは国立大学のアメリカンフットボール部で主将を務めました。現在は理学系の

大学院へと進学し、研究に邁進する傍らチームの学生コーチという立場で今も勝利に

貢献しています。ここだけお伺いすると、順風満帆な大学生活で、さぞかし大学までも

順調に過ごしたのだろうと思いますが、お母様はそうではなかったと言われます。

 

・保育園、小学校時代はどのように過ごされましたか?

 私自身はフルタイムで仕事をしていて、毎日丁寧に勉強を見てあげることはできません

でした。ですが、息子が今一番何をしたがっているのかをよく観察し、習い事にしても

今本当にそれが必要なのかについて細かく検討しました。その結果、一番やりたがって

いたサッカーを全力で応援することに決めました。仕事も忙しかったため、あれこれと

通わせるのは物理的に無理がありました。周りには塾に通うお友達もたくさんいましたが、

小学生から詰め込む学習形態に疑問を感じ、また小学校時代には体力をつけることも

大切ではないかという思いから、我が家らしい選択をしたと思います。サッカーを

学ぶ環境については、クラブチームや少年団などがありましたが、サッカーの

テクニックだけでなくスポーツマンシップも育ててくれると感じた少年団を選び

ました。

 

・中学、高校時代はどのように過ごされましたか?

 中学受験をする同級生も多い中、地元とのつながりが深い公立中学を選びました。

私自身が中学受験を経験して進学校に進学した結果、燃え尽きてしまったという

苦い経験があります。公立中学の良さはなかなか取り上げられませんが、受験が

ない分、生徒には多様性があり、それは社会の縮図のようでもあります。多感な

中学校時代に多様性のある環境に身を置くことは、長い目で見て大変勉強になるとも

思いました。中学でも引き続き部活動でサッカーを続け、勉強面で不足だと思われる

部分は地元の塾に通わせました。塾についても息子の性格に合っているかまでを

十分検討して決めました。高校受験では、第一志望の高校は惜しくも安全圏に届かず、

第二志望の高校を選んで受験し合格しました。本人は悔しい思いをしたはずですが、

自分の与えられた環境の中で、全力で勉強にも部活にも取り組んでいたように

思います。

 

・大学時代はどのように過ごされましたか?

実は大学も第二志望への進学になりました。悔しかったはずですが、その環境に

不平不満を言うことはなく、とにかくそこで頑張っていました。色々とご縁があって、

サッカーからアメフトへ転向しましたが、何事にも凝り性な性格もあり、アメフトへ

全力投球の4年間で、主将も務めさせて頂きました。良い仲間に恵まれ充実していた

ように思います。私自身もアメフトのルールを勉強して、4年間楽しませてもらい

ました。

 

・今まさに子育て中のお父様、お母様へ一言お願いします。

 お子様にとって第一志望がかなわない場面もあることでしょう。ですが与えられた

環境の中で全力で頑張れば、新しい世界が開けることを息子を通じて見てきました。

親が知っている世界はごく一部だと思います。子育て中には色々な選択肢にぶつかり

ますが、子どもが本当にやりたいことは何なのか、親だからこそしっかり観察して、

何よりもご自身が子育てを楽しんで下さい!

 

ーーインタビューはここまで--

 

今後も、「算数・数学塾」での子どもたちの学びの様子の他、様々な方への

インタビュー記事も掲載していく予定です。

 

〇算数・数学塾

https://sansusugaku.wixsite.com/home/about

 

『小学校算数 立体図形が飛び出す美しいカード作り』

12月のこの時期は、どのクラスでも「灯り」を作ります。

今年の5、6年生のクラスでは、立体が飛び出すカードの仕組みを考えて、カード式の灯りを作りました。

仕組みを考えることで自分で設計できるようになります。


1つの直方体が飛び出すだけならまだ簡単なのですが、2つの大きさが違う直方体がプレゼントになって飛び出してくるのですから大変!

みんなで出来上がりを観察して、どうすれば良いか考えました。

デザインナイフも上手に使えました。

最後に、10㎝毎に8個繋がっているLEDライトの配置もよーく考えて、カードが完成♪

電気を消すと…

「うわぁ! きれい!」

子どもたちから歓声が上がりました。

 

f:id:sansu_sugau:20191219103612j:image


どんなものでも算数に繋がるし、繋がった知識はきっと忘れないことでしょう。

家庭でゆっくり楽しく学べる強さです。


〈算数・数学塾〉

https://sansusugaku.wixsite.com/home/about

 

『小学校算数 現実世界では意味を持つ図形たち』

 

小学校で学ぶ図形の単元では、各部位の名称を覚えたり、面積、体積の出し方を学ぶことがゴールになりがちで、意外に「嫌い!」という子どもたちも多いです。

 

東京大学工学系ゼミを担当した時に、そこでは学生と科学の授業をデザインしていたのですが、工学系らしく現実世界における図形の意味を議論することもありました。

三角柱、四角柱、六角柱、などの強度を調べて棚を作ったりするのです。

重力や大気圧などを考えた時、図形たちはぐっと意味を持ってきますよね。

そんなことも子どもたちに感じてもらいたと思っています。

 

さて、今回紹介するのは無人島シリーズ初回の内容です。

 

無人島にたどり着いた子どもたちですが、なんと雨雲が迫ってきています。

これはたいへん!

枝などを使って人が入れる小屋(構造物)を作らなくては!

 

この物語に子どもたちはすっかり入ってきてくれて、枝に見立てたストロー、最小限で作れる構造物を考えます。

たどり着いたのは四面体。

早速、ストローとゴムを使って作ります。

小学校では学習しない四面体(三角錐)ですが、子どもたちが図形の持つ意味を考えるには十分魅力的な形です。

 

ゴムにストロー(4cm)を4つ通して、1つのストローだけゴムを二重に通し、ひし形にします。

f:id:sansu_sugau:20191214160555j:image

 

f:id:sansu_sugau:20191214160927j:image

 

さらに1つ通して対角線のように置き、図の右下の1つにゴムを通します。

 

f:id:sansu_sugau:20191214161039j:image

 

右に1つ通して、左の2つと合わせて3辺にし、底面を作ります。

もう一方のゴムの橋と直接結べるようにうまく調整(ストローに通す)して、結べば出来上がりです。

 

f:id:sansu_sugau:20191214161313j:image
f:id:sansu_sugau:20191214161308j:image

 

無人島に見立てたテーブルの上に置き、子どもたちの創造の物語はどんどん続いていきました。

これからは、図形を見たら、何か意味を考えてくれるようになるのかな?と楽しみにしています。

 

算数・数学塾

https://sansusugaku.wixsite.com/home/about

 

 

『小学生プログラミング デジタルリテラシーについて東京大学の先生と話してみました』

小学校ではプログラミングが来年度から必修化されるので、色々と気になっている方も多いことでしょう。

f:id:sansu_sugau:20191207233644j:image

 

「そもそも、デジタル世界、コンピューター世界の全体像ってどうなってるんだろう?」

とか、

「表面だけのプログラミングを体験してためになるのか?」

とか、疑問は山ほどですよね。

 
私は大学卒業後、大手メーカーのシステムエンジニアとして流通業のお客様向けのシステムを開発していました。

その時受けた教育や、業務経験を考えてみても、なんだか小学校で始まるプログラミング教育は表面をなぞるものばかりで、これでデジタルリテラシーが育つとも思えないのです。

ユーザーとしての自覚は芽生えるかもしれないけれど。

 
そんな疑問について、東京大学の美馬秀樹先生(MIMAサーチの開発者)にもお伺いしてみました。

東京大学大学院工学研究科に勤務していた時に、チームで先端技術特別講義という工学部の授業をデザイン、運営していたのですが、美馬先生はそのチームのリーダでした。

 
先生も、学校で学ぶものはあまりにブラックボックスだらけではないのかと言われていました。

結局のところ、コンピューターが何をしているのかはよくわからないまま。

「もしかしたら、高学年ならアセンブリ言語(コンピューターに生の動作を指示できる)を体験してみるのもよいのかも!」

という話にもなりました。

デジタルデータの扱いについても分かりますし。

アセンブリ言語から今をときめくAIまで、どのようにつながっていくのか、その体系などもわかれば良い気がするのですけどね。

そうすれば、

「あ、だから子どもたちは学校でこれを学ぶのね!」

と、親も納得できるってもんです。

 


9日にはAIの研究者とお会いする予定なので、AIエンジニアについても聞いてきます。

仮に学習指導要領が言うところの「プログラミング的思考」ができるようになっても、実現方法の基礎(コンピューターってそもそも何)がわからないのでは独習も、先に進むこともできないですよね。

そんなこともまとめて記事にできたらと思っています。

 

算数・数学塾

https://sansusugaku.wixsite.com/home/about